なすとあじのみぞれ煮


血流改善にも役立つ青魚のあじとむくみの改善や抗酸化作用が高いなすを

だいこんおろしのだしで和えたお惣菜。

揚げ出し風の豊かな味が、消化を助け、怠さを改善にも役立ちます。

なすとあじのみぞれ煮
なすとあじのみぞれ煮


あじ(三枚おろし)・・・2尾分(一口大のそぎ切り)

なす・・・2本(一口大の乱切り)

大根おろし・・・5cm分

薄力粉・・・大さじ1

A[水・・・100ml 酒・・・大さじ1 しょうゆ・・・大さじ1/2 酢、みりん・・・各小さじ1 和風だしの素・・・小さじ1/2]

ごま油・・・小さじ2

青ねぎ(小口切り)・・・大さじ1/2


1. あじに塩、こしょうをふり、薄力粉(大さじ1/2)をまぶす。なすに残りの薄力粉をまぶす。

2.フライパンにごま油(小さじ1)をひいて熱し、なすを入れて炒め、表面に焼き色がついたら取り出す。

3. 2のフライパンに残りのごま油をひいて熱し、あじを入れて炒める。両面に焼き色がついたら、なすを戻し入れてAを加え、煮立ったら弱火にしてふたをし、5分くらい蒸し煮にする。

4. 3に大根おろしを加えてさっと混ぜ、器に盛って青ねぎをちらす。

※なすは、切ったあと調理するまで時間をおく場合は、塩水に3分くらい浸すと変色を防げる。